排水管の水漏れを防ぐための排水ホースのメンテナンスや交換について

台所のシンク下や、洗面台の下の扉の中にあるのが、排水管へとつながっている排水ホースです。この周囲から水漏れしているなら、ここに何らかの不具合が起こっているかもしれないと推測できます。台所や洗面台のまわりの床材がフローリングの場合は、特に水濡れに弱いためダメージが残ります。排水ホースの水漏れが起きないように、普段の生活で実践したいメンテナンスの方法と、有効な対処法について見ていきましょう。

排水管 水漏れの原因となる排水ホースのメンテナンス

定期的なメンテナンスを心がけることで、水漏れトラブルを未然に防げる可能性があります。ここでは、自分でできる方法をいくつかご紹介します。
排水ホースのつなぎ目部分のナットが、いつの間にかゆるんでいることがあります。掃除や整理のついでに、ときどき締め直しておきましょう。
市販のパイプクリーナー剤を使って、ホースの内部を清潔に保つことも大切です。容量や使用頻度はパッケージに書いてある内容を守ってください。
つまりの原因になりそうなものを排水口に流さないこともポイントです。サラダ油のように液状のものは、排水口のキャッチャーを通り抜けて排水ホース内に汚れとなってこびりついてしまうほか、食材のカスや食べ残しなど固形のものでも、細かい物はキャッチャーをすり抜けてしまいます。

■ホースの交換が有効

排水ホースは、年数が経つほど硬くなってきます。硬くなると、何かの拍子に衝撃が加わったときに折れて穴が開きやすくなります。穴が開いた場合は、排水ホースの交換をした方が良いでしょう。今の家に住んで10年近くになるけれど、一度も交換をしていないなら、近いうちに交換しておきましょう。今現在不具合が起こっていなくても、突然水漏れを起こして周囲が水浸しになったというケースも少なくありません。

■まとめ
排水ホースに使われているネジやゴムパッキンなどのパーツも、10年を目安に交換しましょう。普段なかなか注意が向かない場所であるからこそ、定期的なメンテナンスが重要になります。排水設備全体の老朽化が気になるなら、業者を呼んで総点検してもらうのもおすすめです。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ