給水管と排水管の水漏れの違い

家庭の水回りの設備には、排水管と給水管があります。水漏れのトラブルがどちらの種類の管から起こっているのかを見極める必要があります。給水管と排水管の違いや、水漏れしたときのそれぞれの原因や対処法の違いについてチェックしておきましょう。

■通る水の違いと圧力の有無の違いがある

給水管と排水管の違いは、簡単に言えばきれいな水が出てくるのが給水管、汚い水が出ていくのが排水管です。給水管は、使う前の水道水が通ってくる管のことで、管の中の水には高い圧力がかかっています。圧力をかけることで、蛇口から水をきちんと供給できるように作られています。
排水管は日常生活で出た使用済みの水を排出するための管で、給水管とは全く別物です。排水管はスムーズに水が流れていくよう作られており、圧力はかかっていません。

■給水管と排水管 水漏れの原因や対処法の違い

仕組みが違うため、水漏れした際の原因や対処法も異なります。排水管の場合は、本体やパーツの経年劣化によって水がスムーズに流れなくなり、水漏れを引き起こすのが大半です。一方給水管の場合は、圧力がかかっており地震や凍結が原因で管が破裂することが多いです。
排水管の水漏れに対処する際は、問題の場所の水道の使用を中止することで水漏れは収まります。水道の元栓や止水栓を閉める必要はありません。しかし、給水管の水漏れに対処する際は、水道の使用を中止したうえでそれらの栓を閉めておかないと、勝手に水が出てきます。また、栓をひねった後も管の中に残った水が出てくる可能性があります。バケツで水を受けたり、タオルで水を吸ったりして、被害を最小限に食い止めましょう。

■まとめ
給水管と排水管では、水漏れした際の主な原因や対処法が異なることをご紹介しました。もしも漏れ出た水の量が多く、どちらの管が原因なのか特定しずらい場合は、水道修理の業者に依頼する際にその旨を相談しましょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ