お風呂の排水管の水漏れの原因となるつまりについて

お風呂の排水管がつまると、浴槽にためた大量のお湯を排出できずに排水口からあふれ出て、お風呂場以外の場所まで水浸しの大惨事になることがありますので、注意が必要です。つまりのサインに気づいたら、すぐに手を打ちましょう。また、つまりの原因となるものが何かをあらかじめ把握しておくと、水漏れトラブルが防げるでしょう。

■つまりのサインを見逃さずお風呂の排水管 水漏れを防ごう

排水口から水が溢れ出したら、明らかにつまっていると判断できますが、「最近水の流れが悪いような気がするな」と感じたら、つまりが起き始めているかもしれません。水を流した際に、ゴポゴポと異音がするなら、それもつまりの前兆といえます。
お風呂場で悪臭がする場合も、うまく排水ができていない可能性があります。お風呂の様子を普段から観察し、こうした異変に気づけるようにしましょう。

■お風呂で排水管のつまりの原因となるもの

お風呂場では、つまりの原因となるさまざまなものが排水管へ流れ込みます。人の皮脂や髪の毛はもちろん、シャンプーやせっけんカスなども、蓄積されればつまりを引き起こします。普段からこまめに掃除をして、清潔に保つことが不可欠です。髪の毛を排水口の上でキャッチして排水管へ流れなくするシートもあるため、活用してみるのも良いでしょう。
子どもがお風呂で遊ぶおもちゃを流してしまうことがあります。おもちゃ自体水に溶けないうえ、つまったおもちゃに汚れや髪の毛が付着して水が流れなくなるケースが、お子さんのいる家庭では見られます。

■まとめ
水道の修理業者は、ラバーカップの約5倍の吸引力があるといわれるローポンプで対応したり、高圧洗浄機やトーラーを使用したりと手を尽くしてつまりを解消してくれます。こういった専用の機械でスピーディーに対応してくれるため、ひどいつまりの場合は業者に依頼するのが早いでしょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ